周子

全て 名詞
1,110 の用例 (0.01 秒)
  • 今では、何と云つても周子が自分にとつては一番身近くの者であるのか? 牧野信一『毒気』より引用
  • だが、その方が虫がつかないだろうと思って、周子は教えないでおいた。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 妊娠中、周子は中村橋の駅の近くにあるスポーツ・クラブに通っていた。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 質問が続けて自分に向けられたのに、周子は少し面食らった表情をした。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • あれは、周子が一人きりでいるかどうかの確認の電話だったのだろう。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 防犯カメラが彼をとらえていたのではないか、とふと周子は気になった。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 二人きりになる最初の日、周子は自分のことはほとんど何もできなかった。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • それで、女が、妻の座にいる周子を脅かそうとしているのかもしれない。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • そういうことになったとき、そのときは周子が身を張って死ぬときだ。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 男が助手席のドアを開け、周子の方に身を乗り出し、何か言おうとした。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 彼がわけの解らない事を喋り始めたので、母と周子は堅く彼を視守つた。 牧野信一『熱海へ』より引用
  • 一日に何度もかかってくるようなら、周子の神経は耐えられなかっただろう。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • だが、周子は、知り合った三年前のときの呼び方に固執していたいのだ。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • それはそのまま、周子がしてきたことでもある、この四か月のあいだ。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • たとえ彼に何もなかったとしても、やはり周子は口を閉ざしていただろう。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 周子は、彼の味方になつて叔父と母の前で争ひをしたのだといふことである。 牧野信一『父の百ヶ日前後』より引用
  • 周子も、自分から電話するのは敗北のようで、する気にならなかった。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 急いで袋を受け取ると、周子は老人に軽く頭を下げて、きびすを返した。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 私と周子は、そんな話を取り換してはゐたが少しも話が溶け合はなかつた。 牧野信一『毒気』より引用
  • 狭い空間に一緒にいるのを避けるために、周子は牧人のそばに行った。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 次へ »