周天文

80 の用例 (0.00 秒)
  • だが、今度は周天文の名前を思い出したときほどの時間はかからなかった。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • それで周天文に対する呪詛を口にだしてつぶやいていることに気づいた。 馳星周『不夜城Ⅱ鎮魂歌』より引用
  • 周天文はテーブルの上の一点を見つめたきりだった。 馳星周『不夜城Ⅱ鎮魂歌』より引用
  • だが、あんたに周天文を殺させるつもりだったんだろうな。 馳星周『不夜城Ⅱ鎮魂歌』より引用
  • 気がつくと、周天文の後ろに男がふたり立っていた。 馳星周『不夜城Ⅱ鎮魂歌』より引用
  • 周天文チョウティエンウェンからの電話というのが気になった。 馳星周『不夜城』より引用
  • おそらく、楊偉民や周天文が生きていたころと同じ形で残っているのは、劉健一の店だけなのだ。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • 周天文の中華レストランはタイ料理レストランに変貌へんぼうしていて、当時のことを覚えている人間はひとりもいなかった。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • あんたか周天文に会ってみたかった。 馳星周『不夜城Ⅱ鎮魂歌』より引用
  • あんたたち、なんだって周天文のところに行った? 馳星周『不夜城Ⅱ鎮魂歌』より引用
  • 周天文が椅子いすから腰をあげた。 馳星周『不夜城Ⅱ鎮魂歌』より引用
  • 人戦のことを知りたければ桃源酒家の周天文しゅうてんぶんに聞くがいい。 馳星周『不夜城Ⅱ鎮魂歌』より引用
  • 周天文と滝沢の話が耳に入ってきた。 馳星周『不夜城Ⅱ鎮魂歌』より引用
  • 周天文の顔が頭に浮かんだ。 馳星周『不夜城Ⅱ鎮魂歌』より引用
  • 周天文は口を開こうともしなかった。 馳星周『不夜城Ⅱ鎮魂歌』より引用
  • 周天文が歌舞伎町にやってくる前は、劉健一が楊偉民の跡を継ぐと目されていたらしい。 馳星周『不夜城Ⅱ鎮魂歌』より引用
  • 周天文が医者を案内した。 馳星周『不夜城Ⅱ鎮魂歌』より引用
  • 周天文を殺したら、楊偉民はどうなるのだろう? 馳星周『不夜城Ⅱ鎮魂歌』より引用
  • 二年前、劉健一が周天文をそそのかして、楊偉民との仲を裂いた。 馳星周『不夜城Ⅱ鎮魂歌』より引用
  • 個室を希望し、周天文を呼んでくれと伝えた。 馳星周『不夜城Ⅱ鎮魂歌』より引用
  • 次へ »