周囲

全て 名詞
53,190 の用例 (0.03 秒)
  • 上原は周囲を見まわしてから、机の下に隠していた掌を開いて見せた。 佐野良二『闇の力』より引用
  • 時折、かれも一緒になって周囲にある自分の財産を呆然として見つめた。 フィッツジェラルド・フランシス・スコット『グレイト・ギャツビー』より引用
  • 周囲の人たちも同情してこの恋愛を成り立たせ、結婚させたのだつた。 片山広子『L氏殺人事件』より引用
  • それがために、その周囲十五里のあいだには関帝廟かんていびょうを置くことを許さない。 岡本綺堂『中国怪奇小説集』より引用
  • で彼は乗り切るのを止めて、一つの岩の周囲まわりを廻り先へ出ようと考えた。 国枝史郎『加利福尼亜の宝島』より引用
  • 彰義隊があまりに憤慨するので周囲の人々はこそこそと逃げてしまった。 佐藤紅緑『ああ玉杯に花うけて』より引用
  • そして疑いもなくそれは周囲に感染し、そして人の心に影響するのだ。 倉田百三『光り合ういのち』より引用
  • しかし何分にも周囲が悪いといふやうな気がされて仕方がない。 葛西善蔵『椎の若葉』より引用
  • 正勝は周囲を目探りながら叫んだが、婆やの姿はどこにも見えなかった。 佐左木俊郎『恐怖城』より引用
  • 私の周囲には降りつもる深い溶けない一面の雪があるばかりであった。 島崎藤村『三人の訪問者』より引用
  • それをきくと俊亮は、周囲の静かな空気に不似合な声で、大きく笑った。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 家の周囲をめぐって、庭にあるはずの新たな証拠を見に行きましょう。 三上於菟吉『踊る人形』より引用
  • 塾の庭へ出ると、桜の若樹が低い土手の上にも教室の周囲まわりにもあった。 島崎藤村『岩石の間』より引用
  • その周囲ぐるりは五、六尺高さの石塀で、入口の門はシナ風の優美なる門です。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • この木をねぐらにしている鳥が何百羽とも知れずその周囲に騒いで居た。 岡本かの子『荘子』より引用
  • こういう俳優なら、黙っていても、その周囲に有能な作家が集って来る。 岸田国士『あるニュウ・フェイスへの手紙』より引用
  • この勇敢な探検隊をよく見ようとして群集は自動車の周囲まわりへ寄って来た。 国枝史郎『沙漠の古都』より引用
  • さういふ天才が同時に三人も、先生たちの周囲に集つて来るとお思ひですか。 岸田国士『俳優志望者メンタルテスト』より引用
  • わたしの周囲には、そんなことを知っている者は一人もなかった。 岡本綺堂『明治劇談 ランプの下にて』より引用
  • 今はもうまつたく私の周囲は身うごきをする程の余地も残つてはゐません。 伊藤野枝『遺書の一部より』より引用
  • 次へ »