周囲警戒フェンス

13 の用例 (0.00 秒)
  • 夜になる前に、第二の周囲警戒フェンスの建設は終わり発電機に連結された。 R・エイヴァリー『クレイトスの巨大生物』より引用
  • 日没の一時間後、運動のために周囲警戒フェンスの外に出る許可を求めたのです。 R・エイヴァリー『ゼロスの戦争ゲーム』より引用
  • 周囲警戒フェンスの内側には、多数のサーチライトが等間隔で設置された。 R・エイヴァリー『ゼロスの戦争ゲーム』より引用
  • 意識を回復しないあいだに、彼は周囲警戒フェンスの内側に建てられたおりに移された。 R・エイヴァリー『ゼロスの戦争ゲーム』より引用
  • 防護柵の門は、帯電周囲警戒フェンスの門のちょうど正反対に位置していた。 R・エイヴァリー『ゼロスの戦争ゲーム』より引用
  • 周囲警戒フェンスは完全に整備を終え、門がつくられた。 R・エイヴァリー『ゼロスの戦争ゲーム』より引用
  • それがとどいたのは午後遅く、レーザー・ライフルで武装したコンラッドが周囲警戒フェンスの外を散歩していたときだった。 R・エイヴァリー『ゼロスの戦争ゲーム』より引用
  • 周囲警戒フェンスの周囲一帯がまばゆく照らしだされた。 R・エイヴァリー『ゼロスの戦争ゲーム』より引用
  • そして、備品のなかから十分な量の伸張性スチール・ワイヤーと支柱用のカギ型のけたをとりだし、現在の周囲警戒フェンスの三メートル先にそれより三メートル高い第二の周囲警戒フェンスを建設せよ。 R・エイヴァリー『クレイトスの巨大生物』より引用
  • マークは機関室の当番にあたり、ルークとジョンとピーターとポールはレーザー・ライフルで武装して周囲警戒フェンスの内側をパトロールしていた。 R・エイヴァリー『ゼロスの戦争ゲーム』より引用
  • マシューは周囲警戒フェンスの内側、わずか七十メートル先にいて、極超音波ランスで小さな井戸を掘っていた。 R・エイヴァリー『クレイトスの巨大生物』より引用
  • クワンゴが荷物を背負ってホバーカーにもどってきたときには、コンラッドは〈サンタ・マリア〉号と無線連絡をとり、二名のロボットはすでに周囲警戒フェンス内にゼロス人用の牢獄兼おりの建設にとりかかっていた。 R・エイヴァリー『ゼロスの戦争ゲーム』より引用
  • 周囲警戒フェンスに近付くと、サーチライトが浴びせられた。 R・エイヴァリー『ゼロスの戦争ゲーム』より引用