周囲を見回し

1,227 の用例 (0.00 秒)
  • 本種は警戒心が強く 、よく後肢で2本足立ちして周囲を見回すことがある。
  • 仕方なく、門の前に立って周囲を見回すと、少しはなれた所に小さな公園があった。 赤川次郎『ミステリ博物館』より引用
  • 尚は絶望的な思いに胸をふさがれながら必死に周囲を見回した。 光瀬龍『作戦NACL』より引用
  • 椅子いすから腰を浮かせ、びっくりしたような顔で周囲を見回している。 岩本隆雄『ミドリノツキ〔上〕』より引用
  • そして、周囲を見回してほかに誰もいないことを確認すると、小声で言った。 大山誠一郎『アルファベット・パズラーズ』より引用
  • するとすでに公爵は馬から下りて、自分の周囲を見回していた。 アレクサンドル・デュマ/石川登志夫訳『鉄仮面(下)』より引用
  • 若者が黙ったのに力を得て、男は得意そうに周囲を見回した。 同人『十二国記』より引用
  • 油断なく周囲を見回しながら、そのうちの二人が輸送車の荷室へと向かった。 三雲岳斗『レベリオン 第03巻』より引用
  • そう考えて周囲を見回したところ、目に付いた商店は固く扉を閉ざしていた。 丈月城『カンピオーネ! 03 はじまりの物語』より引用
  • ぼくはギギギギという擬音ぎおんを出しながらぎこちなく周囲を見回してみる。 沖田雅『先輩とぼく 05』より引用
  • 沙弥子の肩を軽く叩いた大輔は、周囲を見回して電話ボックスを探した。 新田一実『時の迷宮の舞姫 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 梅川は、事務員の女の子が行ってしまうと、ちょっと周囲を見回した。 赤川次郎『冒険入りタイム・カプセル』より引用
  • その雰囲気を感じ取ったのか、未羽はキョロキョロと周囲を見回している。 円まどか『ソルフェージュ~Sweet harmony~(web小説)』より引用
  • 徳永は周囲を見回しながら、早くこの辺りから抜け出すことを考えていた。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • オージェは、パイロットの習慣で空に出るとすぐに周囲を見回した。 今野敏『宇宙海兵隊ギガース4』より引用
  • 周囲を見回し掛けた俺は、床に置かれたあるものに気づいた。 日明恩『埋み火』より引用
  • 思わず大きな声を出してしまって、説子はあわてて周囲を見回した。 赤川次郎『黒い壁』より引用
  • 仙人は幻術をよくするというが、それを見せられたのかと王弁は周囲を見回す。 仁木英之『僕僕先生』より引用
  • 鼻から大きく息を吐いて周囲を見回すと、何人かがさっと視線をそらした。 奥田英朗『最悪』より引用
  • 十津川は、一階の床に飛び上がると、拳銃を構えたまま、周囲を見回した。 西村京太郎『十津川警部「裏切り」』より引用
  • 次へ »