周囲を見回し

1,227 の用例 (0.01 秒)
  • 驚いて周囲を見回すと、どの席にももれなくお一人ずつ付いてきている。 喬林知『今日からマ王 第08巻 「天にマのつく雪が舞う!」』より引用
  • だれかがなにかをつぶやいたような気がして、かなめは周囲しゅういを見回した。 賀東招二『フルメタル・パニック!02 疾るワン・ナイト・スタンド』より引用
  • の中央に引き出された黒服はおびえきったような視線しせんで周囲を見回した。 有沢まみず『いぬかみっ!09』より引用
  • ぼくが身体からだを起こし、周囲を見回すと委員長が手を挙げているのが見えた。 沖田雅『先輩とぼく 05』より引用
  • 周囲を見回しても、彼女が話しかけている位置にいるのはぼくだけだ。 赤川次郎『名探偵はひとりぼっち』より引用
  • 周囲を見回すようになり、逆に自分の立場が理解できるようになった。 森博嗣『四季 3 秋』より引用
  • 田崎は片膝かたひざ立ちの格好になり、もう一度周囲を見回しながら呼びかけた。 吉村達也『踊る少女』より引用
  • 頼江は周囲を見回し、今の台詞が誰かに聞かれていなかったかを確認した。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 目を閉じていた泰姫が、ふいにまぶたを開き、不思議そうに周囲を見回した。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 彼女は無言の微笑みで感謝を表現してから、あらためて周囲を見回した。 山本弘『時の果てのフェブラリー 赤方偏移世界 徳間デュアル文庫版』より引用
  • 明るく照らされた周囲を見回すと、まず目に入ったのは働く女性達だった。 喬林知『今日からマ王 第06巻 「きっとマのつく陽が昇る!」』より引用
  • 東京で生活する目途めどが立ち、多少は周囲を見回す余裕ができてからの話だ。 福井晴敏『終戦のローレライ(下)』より引用
  • 痛みにえて周囲を見回すが、真っ暗で自分の居場所さえ確認かくにんできない。 喬林知『今日からマ王 第11巻 「めざせマのつく海の果て!」』より引用
  • 声を出すこともできず、頭の中で叫びながら未知子は周囲を見回した。 吉村達也『憑依 ―HYOU・I―』より引用
  • いきなりの指名に狼狽ろうばいしながらも、美夜は周囲を見回してから言った。 片山憲太郎『電波的な彼女01』より引用
  • 何が起こったのかと、ぎょっとして、女王や魔道士まどうしたちが周囲を見回す。 流星香『プラパ・ゼータ 1 聖女の招喚』より引用
  • 建宮は心の底からガッカリした顔で上条から視線を外し、周囲を見回す。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第11巻』より引用
  • 魚を釣るために、夢中になっていた俊寛は、気がついて周囲を見回した。 菊池寛『俊寛』より引用
  • 少年の助けを借りて上半身を起こすと、フェニックスは周囲を見回した。 山本弘『サーラの冒険 4 愛を信じたい !』より引用
  • 俺は周囲を見回してから、ちょうど足のつく高さにあったさくに腰を下ろす。 赤松中学『緋弾のアリア 第01巻』より引用
  • 次へ »