周囲を見わたし

29 の用例 (0.00 秒)
  • わたしは自分の周囲を見わたして、慎重に考慮してこの人物を選んだ。 ドストエフスキー/工藤精一郎訳『未成年(下)』より引用
  • 元直も、いきなり背後から襲われてはたまらないので、周囲を見わたした。 田中芳樹『黒道兇日の女』より引用
  • かれは夢からさめたように周囲を見わたし、ふたたび水中にもどった。 光瀬龍『百億の昼と千億の夜』より引用
  • しかし、じぶんの周囲を見わたしたところ、そんな大物がいるとは思えない。 横溝正史『金田一耕助ファイル13 三つ首塔 v0.9』より引用
  • バルサはちらっと周囲しゅういを見わたし、回廊かいろうはばと、屋根やねまでの高さを見てとった。 上橋菜穂子『守り人シリーズ11 短編集 流れ行く者』より引用
  • ぼくらは周囲を見わたした。 山際淳司『ニューヨークは笑わない』より引用
  • 涼子が黙っているので、私も黙って、何となく周囲を見わたした。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • すると涼子は周囲を見わたして声をあげた。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • おれは周囲を見わたした。 石田衣良『電子の星 池袋ウエストゲートパーク4』より引用
  • 陽子は周囲を見わたした。 小野不由美『十二国記 01 月の影 影の海(上)』より引用
  • 私は周囲を見わたした。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿05 黒蜘蛛島』より引用
  • アサウがほっとしたように周囲を見わたした。 光瀬龍『東キャナル文書』より引用
  • 俄然がぜんの目鷹の目となって、獲物はないかと周囲を見わたします。 古川日出男『アラビアの夜の種族2』より引用
  • 泰麒はまず自分の周囲を見わたし、ついで景麒の周囲を凝視ぎょうしした。 小野不由美『十二国記 03 風の海 迷宮の岸(上)』より引用
  • 金田一耕助は寒そうにえりをかきあわせながら、眼をあげて湖水の周囲を見わたした。 横溝正史『貸しボート十三号』より引用
  • 噂する者たちは、そこまで語ると、首をすくめて周囲を見わたし、唇に指をあててみせるのだった。 田中芳樹『銀河英雄伝説外伝 01 星を砕く者』より引用
  • つぶやいて、陽子は周囲を見わたした。 小野不由美『十二国記 01 月の影 影の海(上)』より引用
  • そのとき苑子が、はっとしたようすで周囲を見わたした。 中村弦『天使の歩廊 ある建築家をめぐる物語』より引用
  • 彼らは、夜のやみをすかして周囲を見わたした。 田中芳樹『アルスラーン戦記02』より引用
  • おれは西口公園の周囲を見わたした。 石田衣良『骨音 池袋ウエストゲートパーク3』より引用
  • 次へ »