周囲を土塁

8 の用例 (0.00 秒)
  • 中世になると博多や堺では都市の周囲を土塁と堀で囲み、また各地で土塁と堀で囲まれた集落も出現するようになる。
  • これによると、墳丘周囲を土塁で囲み、上部には入母屋の主屋以下、4棟の建物が描かれている。
  • 山頂には主郭が位置し、周囲を土塁に囲まれる。
  • 周囲を土塁・空堀・帯曲輪で囲まれた本丸には、東南部に建造物・西北に人工的に土を盛り上げて作った櫓台が備わっていた。
  • 豪族の城郭なので規模も小さく、山頂部に周囲を土塁に囲まれた本丸があり、虎口が南北に2個所開かれている。
  • 周囲を土塁で囲み、その外側には空堀を設けていた。
  • 四方に門を設け、境内の周囲を土塁と堀がめぐるなど、当時の武士居館の様相をいまにとどめる。
  • 陣屋の規模は東西120間、南北80間で、周囲を土塁で廻らし、南側に表門を、東側に不浄門などを設け、藩士の屋敷などを置いた。