周囲の者

561 の用例 (0.00 秒)
  • これほど病人にとつても周囲の者にとつても安心できることはなかつた。 田畑修一郎『医師高間房一氏』より引用
  • スポックの周囲の者達の顔は既にそのショックで虚ろな表情をしていた。 ジェイムズ・ブリッシュ『09 明日への帰還』より引用
  • こうして借りた物は、周囲の者からも借用者の所有物として認識される。
  • 偉そうにしているつもりはないのだが、周囲の者は威圧を感じてしまう。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』より引用
  • だが、周囲の者は勿論、出場者であるきぬ自身も知られざる事があった。
  • 事情を知らない周囲の者もお付合いのように囁くような笑い声を立てた。 中村正『元首の謀叛』より引用
  • この頃から田中は周囲の者に盛んに東京へ行きたいと言い始める。 水木楊『田中角栄 その巨善と巨悪』より引用
  • 周囲の者たちが見ている前で、自分の宣言を翻すことは考えられない。 賀東招二『フルメタル・パニック!08 燃えるワン・マン・フォース』より引用
  • これはもうだいぶ前から、周囲の者一同が気づいていたことなのです。 チェーホフ/中村白葉訳『チェーホフ短編集「六号室」』より引用
  • だがその木ばかりは、尚平氏も周囲の者も驚くような実をつけた。 田久保英夫『深い河』より引用
  • 夫や周囲の者はこのように言って、何が何でも流産させようとする。 夢枕獏『陰陽師太極ノ巻』より引用
  • だいいち、あのみどりごに対する周囲の者の目の掛け方が尋常ではない。 新田次郎『新田義貞(上)』より引用
  • とくに必要があるときしか彼は周囲の者と話をしなかった。 中村弦『天使の歩廊 ある建築家をめぐる物語』より引用
  • 韓信は黙って少年の股をくぐり、周囲の者は韓信を大いに笑ったという。
  • 伯爵の周囲の者に及ぼす影響はこれほどまでに実際に強く大きなものだったのだ。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(3)』より引用
  • 周囲の者もシラケた顔つきになっていたが、私の気持ちは収拾がつかない。 佐野良二『われらリフター』より引用
  • 惣角に、というよりは、周囲の者たちに聴こえるように老宗棍は言った。 夢枕獏『東天の獅子 第四巻 天の巻・嘉納流柔術』より引用
  • ほんの一瞬のこの二人の応答を、周囲の者は誰一人気づかなかった。 三浦綾子『続・氷点』より引用
  • これまた周囲の者には深く語らなかったが、そこもだいぶ痛いようだった。 有沢まみず『いぬかみっ!10』より引用
  • ややあって、周囲の者達もそれにならい、不揃いながら、皆が頭を下げた。 海月ルイ『プルミン』より引用
  • 次へ »