周囲の空気

298 の用例 (0.00 秒)
  • それはそれとして、彼女の死が周囲の空気を暗くしたのは当然であった。 岡本綺堂『有喜世新聞の話』より引用
  • 職員室で生徒と話していると、周囲の空気がこわばっていくのがわかる。 重松清『カカシの夏休み』より引用
  • 彼女を中心として、円を描くようにその周囲の空気が掩絆かくはんされたのだ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第10巻』より引用
  • このようにして気球は、周囲の空気と均衡を保つことができたのである。 ヴェルヌ/江口清訳『気球旅行の五週間』より引用
  • 母親の態度の急変に備えて、絶えず周囲の空気に神経を張り詰めていた。 片山恭一『雨の日のイルカたちは』より引用
  • 心なしか、周囲の空気がすうっと温度を失っていったような気がした。 前薗はるか『痕~きずあと~』より引用
  • 両手を挙げて、だんだん早口になると、周囲の空気が軽い振動を起こす。 池上永一『レキオス』より引用
  • このガスと周囲の空気との境界で空中の水分を凍らせ白い雲を作る。
  • その身体は激しい熱気を帯び、周囲の空気が陽炎のように揺れていた。 高橋龍也『痕 ―きずあと―』より引用
  • ハンスは周囲の空気を引き立てようとしてか、明るい声を出して喋った。 中村正『元首の謀叛』より引用
  • それに合わせて、爆光に触れた周囲の空気がすさまじい速度で荒れ狂った。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第10巻』より引用
  • あたし、弱いから、周囲の空気に、すぐ影響されて、馴れてしまうのね。 太宰治『皮膚と心』より引用
  • いや、セイバーの周囲の空気が透明なゼラチンのように変化している。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • 急に周囲の空気が冷たくなったような気がして、オットーは身を震わせた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12c D-邪王星団3』より引用
  • だがそれだけで周囲の空気が一瞬にして冷え込んだ様な衝撃をフォロンは受けた。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 01 ウェイワード・クリムゾン』より引用
  • その誘惑的な香いはその重みで、周囲まわりの空気を押し拡げるように思われる。 森茉莉『甘い蜜の部屋』より引用
  • 周囲の空気が新鮮しんせんになり、吹き込む風は昼間の日差しで暖められている。 喬林知『今日からマ王 第11巻 「めざせマのつく海の果て!」』より引用
  • そう答えながらも、水町は周囲の空気を意識せぬように装っていた。 小林信彦『ビートルズの優しい夜』より引用
  • 市街広域で発火するとその周囲の空気は非常に高温となり急速に上昇する。
  • 周囲の空気より温度が高い間は上昇を続け、冷却が進むと停止する。
  • 次へ »