周囲の状況

357 の用例 (0.00 秒)
  • ぎくりとひとみを開いたレイムは、おのれの身を置く周囲の状況に視線を投げた。 流星香『プラパ・ゼータ 4 玻璃色の迷宮』より引用
  • 探索行動とは、動物に見られる周囲の状況を探索する行動のことである。
  • 五感を総合すれば、周囲の状況をかなりの確度で想像することもできた。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 10 重層の刻』より引用
  • そこまで周囲の状況を見まわしてようやく、俺は何が起こったのか理解した。 奈須きのこ『歌月十夜 34 永継夜』より引用
  • ガンダムの脚部きゃくぶのセンサーが、周囲の状況じょうきょうを判読しながらたち上がった。 富野由悠季『機動戦士ガンダムⅠ』より引用
  • ようやく目が覚めたという事実を認識し、あわてて周囲の状況じょうきょうを確かめる。 小林めぐみ『ねこのめ 第2巻 羅針盤の夢』より引用
  • エイも続いて立ち上がったが、周囲の状況はあまりいいとはいえなかった。 今野緒雪『スリピッシュ! 02 ―盤外の遊戯―』より引用
  • 母の制止も、そのときの周囲の状況も、私の耳と目から完全に消えていた。 梅宮アンナ『「みにくいあひるの子」だった私』より引用
  • 水に自由を奪われながらも、おれの眼は的確に周囲の状況を識別していた。 菊地秀行『トレジャー・ハンター07 エイリアン妖山記』より引用
  • もちろん、周囲の状況はどうあれ、これはれっきとした軍事行動である。 水無神知宏『鋼鉄の虹 装甲戦闘猟兵の哀歌』より引用
  • 両肩に埋めこまれた補助電子頭脳が周囲の状況を的確につかみはじめた。 光瀬龍『百億の昼と千億の夜』より引用
  • そうした周囲の状況に刺激されて山田も陸上競技を目指した。
  • できることなら平穏無事に酒を飲んでいたいのだが周囲の状況がそれを許さない。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • 自分の立場と周囲の状況を慎重に判断して行動するように。 黒川博行『二度のお別れ』より引用
  • あきらかに、これらのガラスの状態は、周囲の状況と一致していないのだ。 フリーマン/大久保康雄訳『歌う白骨』より引用
  • 長中尉の視力の衰えた眼も、次第になれてきて、周囲の状況がわかった。 高木俊朗『インパール』より引用
  • むしろ開けた窓はそのままにして、周囲の状況をそれに合わせたに違いありません。 吉村達也『逆密室殺人事件』より引用
  • とはいえ、周囲の状況を識別できるほどはっきりした意識ではない。 上野正彦『死体は語る』より引用
  • 肩を疎めて肯定しながら、周囲の状況なんて全然見えてはいなかった。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第08巻』より引用
  • 外的帰属では、行動の原因は、行動が行われた周囲の状況であるとされる。
  • 次へ »

周囲の状況 の使われ方