周囲の壁

219 の用例 (0.00 秒)
  • 今や周囲の壁が、薄明のぼんやりとした霧を通して見えるようになった。 ムーア『異次元の女王―ノースウェスト・スミス』より引用
  • 見たところ、地面にも、周囲の壁にも抜け道のようなものは無かった。 九里史生『SAO Web 外伝03 ココロの温度』より引用
  • 同心に抱かれたまま、お竜はおもしろそうに周囲の壁を見まわしていた。 山田風太郎『おんな牢秘抄』より引用
  • 兵士たちは周囲の壁やものを盾にするなどといった防衛策をとることができる。
  • 周囲の壁には他の岩とは全く異質の明るい地層がしま模様を描いている。 ジェイムズ・ブリッシュ『04 暗闇の悪魔』より引用
  • そしてその周囲の壁は軽い籾殻もみがらと、はねかけられた泥とでおおわれていた。 ペトロニウス/岩崎良三訳『サテュリコン』より引用
  • 周囲の壁ごと、玄関ホールの壁面を、ほとんどえぐりとってしまったのだ。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ ポリ黒03 プレイヤー・ブラック』より引用
  • 申し上げましたが、床と天井は鉄でできていますが、周囲の壁は木製です。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • かれは眼を上げるとその部屋の周囲の壁にある縞模様を見た。 ムーア『異次元の女王―ノースウェスト・スミス』より引用
  • 周囲に光をあてながら枝を折って周囲の壁に沿って歩きつづけ、ドアを見つけた。 小野不由美『悪霊シリーズ 5 悪霊になりたくない!』より引用
  • 周囲のかべは地下の水気がにじみ出た、洞窟どうくつの壁のような状態になっている。 古橋秀之/鋼屋ジン『斬魔大聖デモンベイン 軍神強襲』より引用
  • 穴は急勾配こうばいのスロープになっていて、周囲の壁には水蘚みずごけが生えていた。 筒井康隆『48億の妄想』より引用
  • ここの周囲の壁には幾つかの絵がかけてあった。 ドストエフスキー/中山省三郎訳『白痴(上)』より引用
  • じいさんの体から噴き出し、荒れ狂う剄が周囲の壁や床を破壊している。 雨木シュウスケ『聖戦のレギオスⅠ 眠りなき墓標群』より引用
  • 己達の食卓に就いたのは、周囲の壁に鏡を為込しこんだ円形の大広間であつた。 レニエ・アンリ・ド『復讐』より引用
  • 図書室と同じ広さだが、周囲の壁が白く、まったく違う印象である。 森博嗣『G 03 τになるまで待って』より引用
  • おれ達の食卓についたのは、周囲の壁に鏡を為込しこんだ円形の大広間であった。 森鴎外訳『諸国物語(上)』より引用
  • そのぼんやりした網の目は、放射状に周囲の壁まで伸びていた。 クラーク『都市と星』より引用
  • 周囲の壁にも神々と神話の場面が描かれており、見るものに強烈な印象を与える。
  • 周囲の壁は約91cmの厚さで、外部から音が侵入することを防いでいる。
  • 次へ »