周囲の人間

584 の用例 (0.00 秒)
  • なんとなく、周囲の人間を不快にさせるのが目的のような笑いに見えた。 小川勝己『葬列』より引用
  • その話を興味深げに聞いている周囲の人間からも遠ざかりたいと思った。 乙一『暗いところで待ち合わせ』より引用
  • かれは選択の余地なく、そうすることを周囲の人間によって決められた。 五代ゆう『晴明鬼伝』より引用
  • この予告に対して周囲の人間が反応しない限り自殺は遂行されてしまう。
  • 周囲の人間をマネキンか書き割り程度にしか考えてないのかもしれない。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 08』より引用
  • 高里の周囲の人間はいったいどんな顔をして彼をむかえたのだろうか。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • 周囲の人間からエネルギーを奪うのはマスターとしては基本的な戦略だ。 奈須きのこ『Fate/stay night プロローグ』より引用
  • この時点では東自身も周囲の人間もチャンピオン獲得を確信していた。
  • 不幸な被害者を演じて同情を惹き、周囲の人間の関心を集めようとする。 三雲岳斗『少女ノイズ (光文社単行本)』より引用
  • なぜなら、周囲の人間の思考波が間断なく脳に侵入して来るからである。 半村良『魔女伝説』より引用
  • 自分を見る周囲の人間たちがそれをよりはっきりと証明するのだ。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第03巻 レギオス顕現』より引用
  • 彼の周囲の人間は、彼がそこに存在しないかのように振る舞っていた。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • 亘の周りでは不幸な事故が多く、周囲の人間もそれに慣れきっていた。
  • そのため昆自身周囲の人間がまともに踊れるか不安に思っているという。
  • 彼の周囲の人間が幸福だったかというと、そんなこともありえない。 西尾維新『零崎双識の人間試験(全話)』より引用
  • 彼女の周囲の人間も驚いたが、党のほうでも最初は半信半疑であった。 澁澤龍彦『世界悪女物語』より引用
  • 彼はまだほんの子供だったけれども、周囲の人間よりも常に背が高く見えた。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書3』より引用
  • そう考えると、ぼくの周囲の人間の中では割とレアなタイプかもしれない。 西尾維新『クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識』より引用
  • そこには確かにななこがいるのだが、周囲の人間には何も見えていないようだ。 奈須きのこ『歌月十夜 06 ななこちゃんSOS!』より引用
  • 周囲の人間はみな、自分のために存在しているという錯覚さつかくによるのである。 吉川英治『新書太閤記(十一)』より引用
  • 次へ »