周囲に土塁

10 の用例 (0.00 秒)
  • 曲輪の周囲に土塁を巡らし、その周辺を堀で囲っていたと思われる。
  • 構造はほぼ正方形で周囲に土塁を巡らせていた。
  • 主郭は南北約40m東西約40mの方形で、周囲に土塁、切岸が見られる。
  • 古墳の周囲に土塁を巡らしているのは中華人民共和国・朝鮮半島ではよく見られるが、国内では石舞台古墳が類似するのみで、関係が注目される。
  • 「櫓台」からその反対に伸びる尾根上に設けられた郭はその両側を急な切岸によって防備し、周囲に土塁が見られる。
  • 廃城時期などは不明だが、曲輪の周囲に土塁を巡らせる等戦国期の特徴も見受けられ、当時の庄ノ城の主であった石黒氏が改修して使用していた事を窺わせる。
  • 小浜は、南西北の三方を迂回する大堀川に加えて東側に溜池を掘り、周囲に土塁を廻らして防御性を高めた城塞寺内町であった。
  • また国府の周囲は北を国分寺境界、南をビンズル谷津、東を山王川低地、西を恋瀬川低地で限ったと推測され、周囲に土塁が、東西南北には門が設けられたとされる。
  • このとき、後円部の周囲に土塁を築き、さらに郭を2カ所、竪堀を3カ所設けている。
  • 富松城の規模は、それまで東西80m、南北100mの小規模な城と思われていたが、平成6年の発掘調査で東西に150m、南北200mの館城で、周囲に土塁、二重の水堀がめぐらされている中規模の城であったことが推定された。