周囲

全て 名詞
53,190 の用例 (0.02 秒)
  • それはそれとして、彼女の死が周囲の空気を暗くしたのは当然であった。 岡本綺堂『有喜世新聞の話』より引用
  • 周囲を見わたしてみて誰も彼も頭の悪い少年だとわかると、ほっとした。 織田作之助『雨』より引用
  • 私は周囲の人と物とにどうつながれたら正しい関係におかれるのであろう。 有島武郎『惜みなく愛は奪う』より引用
  • つまりこんな事から周囲の人から同情をこうと試みた事なのであろう。 甲賀三郎『支倉事件』より引用
  • 彼女が突然詩人のグループに現はれると 詩人達が彼女の周囲に集つた。 小熊秀雄『小熊秀雄全集-07』より引用
  • 私はもっと心を強くして周囲に支配されぬようにならねばいけません。 倉田百三『青春の息の痕』より引用
  • 周囲の事情は今までどおりのような江戸の屋敷住居やしきずまいを許さなくなったのだ。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 台座の周囲を何度か歩き、うしろ向きに歩いて彼は像から離れていった。 片岡義男『七月の水玉』より引用
  • 私は夫人のうしろに従って車から降りると、まず家の周囲を歩いてみた。 大倉燁子『恐怖の幻兵団員』より引用
  • 私はどうも周囲の出来ごとに心を乱されずに生活することはできません。 倉田百三『青春の息の痕』より引用
  • 山の中の深さを思わせるようなものが、この村の周囲には数知れずあった。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • そのときの情景と周囲のありさまは私の記憶に焼き付けられてしまった。 キプリング・ラデャード『世界怪談名作集』より引用
  • このため、周囲まわりの人たちは、この家に生き霊が憑いていると噂し合った。 林田清明『石仏』より引用
  • 少年時代とその周囲即ち自然にも、人間にも特別のものがなくてはならぬ。 小川未明『彼等流浪す』より引用
  • その周囲の万般の状況も同一にならなくてはならないと云ふのである。 森林太郎『笑』より引用
  • 残念ながら、周囲の情勢と十年の経験とが私にそれを云はせるのである。 岸田国士『官立演劇映画学校の提唱』より引用
  • むろん、周囲がうるさいから、絶対誰にも知れないやうに注意してたわ。 岸田国士『沢氏の二人娘』より引用
  • 国王の宮殿の建物は不規則に並んでいて、その周囲は七マイルあります。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • 紀久子はそれでも、周囲に気を配るようにしながらも低声こごえにそう呼んだ。 佐左木俊郎『恐怖城』より引用
  • そして母の顔全体が、いつの間にかその周囲にはっきりとあらわれた。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 次へ »