呑み込むことが出来

6 の用例 (0.00 秒)
  • 次郎はやがて中納言の屋敷にける生活を、大体呑み込むことが出来た。 福永武彦『風のかたみ』より引用
  • だから、それがどこのものであれ、技術はいくらでも呑み込むことが出来た。 片岡義男『日本語の外へ(下)』より引用
  • 嫌というほど予備知識を持ち回りすぎた連中さえ多分この時初めて判ったのだから、そうした予備知識を信用しなかったり全く知らなかったりした連中が、事件の発生した日の内に、この事件の現実味を呑み込むことが出来なかったというような場合も、きっと少なくはなかったろうと思う。 戸坂潤『世界の一環としての日本』より引用
  • 声がしわがれ、たべものをむことが出来なくなる。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • それは、菓子であったが、受け取った時ずっしりと重く手にこたえた加減から、箱が二重になっていて上が菓子、下は山吹色と直ぐと呑み込むことが出来たものだ。 大佛次郎『赤穂浪士(上)』より引用
  • そんな時にあせつて手足をもがくと却つて遅くなるので、静かに身体を垂直にして居ると、すぽりと容易く頭が水面を突き抜けるやうな形に浮き上るといふことも、間もなく呑み込むことが出来た。 中谷宇吉郎『真夏の日本海』より引用