吹王国の女王

4 の用例 (0.00 秒)
  • 誰彼と言おうよりも、当時これだけの権式を持ち得る人は、胆吹王国の女王様以外には、その人のあるべきはずがない。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • つまり、胆吹王国の女王なるものは、無類の専制女王である。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 事実、留守師団長というよりは、この人の存在は、胆吹王国の女王代理、臨時総理の役目をまで兼務しているのでありました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • だが一方、胆吹王国の女王と総理の留守を預かり、女王代理・臨時総理としてその有能ぶりを発揮する。 今村仁司『「大菩薩峠」を読む ―峠の旅人』より引用