吹く笛

50 の用例 (0.00 秒)
  • 遠くで若者が吹く笛の音のする所から見れば、まだ左程夜が更けてもゐぬらしい。 石川啄木『天鵞絨』より引用
  • 聴き手は魅せられて我れを忘れ、笑いながら彼の吹く笛について来た。 ワイルド/渡辺純訳『ドリアン・グレイの肖像』より引用
  • 子供たちも帰る時間らしく、遠くで教師の吹く笛の音が鳴った。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 06 重力の井戸の底で』より引用
  • 草笛とは、草の茎や葉を巻いたりして、リコーダーの様に吹く笛である。
  • あの飴屋あめやさんのふえは、そこいらの石垣いしがきみてくやうな音色ねいろでした。 島崎藤村『ふるさと』より引用
  • おりおりいい音色ねいろとおくのほうこえることがありましたけれど、どこでふえだろう。 小川未明『どこで笛吹く』より引用
  • 次郎の吹く笛の音に心を奪われながら、既に心の隅では何やら不吉な予感のようなものを感じていた。 福永武彦『風のかたみ』より引用
  • これは、蛇使いの吹く笛の音にあわせてコブラが動いているように見えるため、このように呼ばれる。
  • 向うにいても、次郎の吹く笛の音は聞えましょう。 福永武彦『風のかたみ』より引用
  • その女車が、どうやら自分の吹く笛を聴きに来ているらしいということが博雅にわかったのは、五日目のことであった。 夢枕獏『陰陽師生成(なまな)り姫』より引用
  • いつの間にか二人の吹く笛が、音頭のようになっていた。 帚木蓬生『受精』より引用
  • 光治こうじ自分じぶんふえにつれて、小鳥ことりがいっしょになってさえずるのを自慢じまんにしていました。 小川未明『どこで笛吹く』より引用
  • 組体操の古典的な演技方法は、リーダーが吹く笛の合図で形を作り出すのが日本では一般である。
  • それは、普通ふつうひとふえ音色ねいろとはおもわれない。 小川未明『港に着いた黒んぼ』より引用
  • 駅員の吹く笛の音がちいさなホームに響き渡り、葵は仕方なく電車を飛び降りた。 角田光代『対岸の彼女』より引用
  • いや烏羽姫のみならず、何人なんぴとが吹く笛の音でもない。 横溝正史『髑髏検校』より引用
  • かの女の吹く笛のように、蕭々しようしようとして秋の野に吹く風の、さびしいひびきを持つ声であった。 五代ゆう『晴明鬼伝』より引用
  • その子供こどもねえさんともえる十六、七のうつくしいむすめが、子供こどもふえにつれて、うたをうたって、おどっていたのでありました。 小川未明『港に着いた黒んぼ』より引用
  • 美女が吹く笛にあわせて、もう一人の美女が踊りを踊り、宴はますます盛りあがってきた。 桐生操『美しき殺人法100』より引用
  • 流れてきた古い旋律はエレネ人のあいだに昔から知られているものだったが、それでいてどことなくスティリクム的なものを感じさせた、少女の吹く笛の音に、一瞬スパーホークは信じられないような可能性を考えた。 エディングス『エレニア記4 永遠の怪物』より引用
  • 次へ »