吹く日

90 の用例 (0.00 秒)
  • お前達は風の吹く日、雲の影が庭の上を走つて行くのを見た事があるだらう。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • 風の吹く日はそれが空中に舞い上って、四辺は真暗くなる事さえある。 大倉燁子『鳩つかひ』より引用
  • 風の吹く日には尻尾は必ず風下の方へ向いた巣の外へ突出つきだしていた。 柳田国男『野草雑記・野鳥雑記』より引用
  • わたしたちはかぜに、くら野原のはらから野原のはらへ、まちからまちんでゆきます。 小川未明『公園の花と毒蛾』より引用
  • それが数日前の、むんむんするほど苗代風の吹く日のことであった。 井伏鱒二『黒い雨』より引用
  • まるで風が吹く日に刻々と変化する雲を見ているようだ。 ロッデンベリイ『スター・トレック5/新たなる未知へ』より引用
  • 小樽湾の海がすぐそこにあってね、風の吹く日には、波が飛んで来るような所に家があった。 三浦綾子『母』より引用
  • 二十六日は風の強く吹く日であったそうだ。 夏目漱石『趣味の遺伝』より引用
  • なるほど、地球ちきゅうでも風のく日は、木がうなることがあるのをわたしたちは知っています。 ロフティング『ドリトル先生物語08巻 ドリトル先生 月へゆく』より引用
  • こんな暗い、東風の吹く日はまだ始まってはいなかったのだ。 ホーソン/鈴木武雄訳『七破風の屋敷』より引用
  • 風の吹く日には、裏の林がざわざわ鳴って、なんだか海近くにでも住んでいるように思われた。 田山花袋『田舎教師』より引用
  • このやうに風の吹く日は、頭をかきむしらるゝ心地して、筆とること能はず。 大町桂月『千川の桜』より引用
  • またかぜには、いっしょにくりのひろってあるきました。 小川未明『星の世界から』より引用
  • それにしても、まったくもって容赦のない風の吹く日であった。 岩井志麻子『岡山女』より引用
  • 山西特有の寒い空っ風の吹く日、私たちは君を城外にある駅まで送って行った。 田村泰次郎『肉体の門・肉体の悪魔』より引用
  • 十月にしては晴れていながら、いやに生温なまあたたかい風の吹く日だった。 志賀直哉『城の崎にて・小僧の神様』より引用
  • 春から夏にかけては「だし風」と呼ばれる強風が吹く日が多い。
  • 武蔵野むさしのの寒い風のさかんに吹く日で、裏の古樹には潮の鳴るような音がすさまじく聞えた。 田山花袋『蒲団』より引用
  • 松岡は自分と違つて大風の吹く日が一番落着いて好いと称してゐた。 芥川竜之介『あの頃の自分の事』より引用
  • 風の強く吹く日には仕事が出来ない。 岡本綺堂『綺堂むかし語り』より引用
  • 次へ »

吹く日 の使われ方