吹く季節風

8 の用例 (0.00 秒)
  • 特に冬場の東北から吹く季節風は砂丘が形成された起因ともなっている。
  • 秋は比較的雨が少なく、冬は大陸から吹く季節風の影響で寒さが厳しくなる。
  • 原題の「九降風」とは、新竹市に旧暦の9月に吹く季節風のことを指す。
  • この書は、インド洋に吹く季節風を利用した遠洋航行を行う貿易業者のために書かれた。
  • 東北地方の夏と冬に吹く季節風は、市の東部に位置する奥羽山脈の山々にぶつかる。
  • 「サンタナ」の名称はアメリカ南西部やメキシコで秋に強く吹く季節風「サンタナ風」に由来し、主に南アメリカや日本、中華人民共和国市場において用いられた。
  • しかしながら太平洋側から吹く季節風は奥羽山脈の山々に遮られ、時としてフェーン現象が発生することがあり、冷害をもたらすと言われるやませも遮られ、特に県内陸部中央から県内陸南部では気温が上昇し真夏日や猛暑日に、夜は熱帯夜になることも決して少なくない。
  • 伊吹山は冬に日本海側からの季節風の通り道となり、濃尾平野では、冬季に北西の方角から吹く季節風を「伊吹おろし」と呼ぶ。