吹かす

全て 動詞
167 の用例 (0.00 秒)
  • 私はその時反対にれた身体からだを風に吹かして水から上がって来た。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 宗助は横になって煙草たばこを吹かしながら、これより以上は何とも語らなかった。 夏目漱石『門』より引用
  • そうして一人で煙草たばこを吹かして腕組をしながら、事件の経過を待っていた。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • 女たちの他には組員が三人残っていて、無表情にタバコを吹かしている。 花村萬月『イグナシオ』より引用
  • 私はその時反対にれた身体を風に吹かして水から上って来た。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 彼は真実らしくするために葉巻きを二本に巻き煙草を一本吹かすことさえしました。 クリスティ/松本恵子訳『情婦…クリスティ短編集』より引用
  • 宮子は小躍りこそしなかったが、煙草を吹かすたびに思い出し笑いした。 岩井志麻子『恋愛詐欺師』より引用
  • そして、煙草たばこを吹かしながら県道を通過する車を無言で眺めていた。 佐竹一彦『新任警部補』より引用
  • その間ぼくと田中くんは、部屋の外に出て、二人黙って煙草を吹かしていた。 樋口有介『八月の舟』より引用
  • そこでほっとして煙草を吹かしたが、私は飛び上らんばかりに驚いた。 豊島与志雄『都会の幽気』より引用
  • それからまたもとの腰掛けへ帰って、第二のパイプをゆっくり吹かした。 夏目漱石『三四郎』より引用
  • 満足げな青ちゃんはタバコを取り出し火をつけて、スパーッと吹かした。 山崎マキコ『ためらいもイエス』より引用
  • 一人は、以前に一度も見たことがない若者で、パイプを吹かしていた。 山本ゆうじ『魔女のパン』より引用
  • 宗助は横になって煙草を吹かしながら、これより以上はなんとも語らなかった。 夏目漱石『門』より引用
  • 男は煙草を吹かし、女はそっぽを向き、それから二人は黙って出て行った。 豊島与志雄『浅間噴火口』より引用
  • 私はその反対にぬれたからだを風に吹かして水から上がってきた。 夏目漱石『こゝろ』より引用
  • 兄と妹は背中を向け合って、とてもよく似た仕草でパイプを吹かしていた。 桜庭一樹『GOSICK 第6巻』より引用
  • 伊口は自信ありげにそう言ってスポーツカーのエンジンを吹かした。 村松友視『七人のトーゴー』より引用
  • もう最後のゲラが組みあがった頃だろうかと僕は煙草を吹かしながら思った。 大崎善生『パイロットフィッシュ』より引用
  • すると茶色の小妖精は、パイプを吹かしながら右手の方に首を動かした。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第09巻 女神に捧ぐ鎮魂歌』より引用
  • 次へ »