吸引式磁気浮上

8 の用例 (0.00 秒)
  • その他、熊本工業大学でも吸引式磁気浮上式鉄道の開発が進められている。
  • 崇城大学でも吸引式磁気浮上式鉄道の開発が行われて数人乗りの車両が製作された。
  • そのため、当時、先端の開発が進められていた車上一次式吸引式磁気浮上の技術は不要になり、日本や韓国に技術供与された。
  • 崇城大学工学部宇宙航空システム工学科でも80年代より吸引式磁気浮上鉄道の研究が進められている。
  • 韓国でもドイツのクラウス=マッファイ社から技術供与を受けて吸引式磁気浮上鉄道の研究が大田広域市の韓国機械研究院を中心として進められていて、大田国際博覧会で使用した軌道を利用して営業運転されている。
  • 磁気浮上の方式には、吸引式と反発式の二通りがあり、吸引式磁気浮上の軌道は鉄等の磁性体で出来ており浮上用コイルは不要である。
  • 但し、リニモやトランスラピッドのような吸引式磁気浮上の場合には漏れ磁界が少ないので構造物に磁性体を使用しても問題は無い。
  • 日本航空では、当時の西ドイツで開発が進んでいた磁気浮上式鉄道に注目し、航空機技術と組み合わせれば最適な交通システムが作れると判断、トランスラピッドを開発していた西ドイツのクラウス=マッファイ社から吸引式磁気浮上技術を導入し、1974年頃から開発が開始された。