吸引式

28 の用例 (0.00 秒)
  • またトイレの処理方式は従来の循環式から真空吸引式に改造された。
  • その他、熊本工業大学でも吸引式磁気浮上式鉄道の開発が進められている。
  • 崇城大学でも吸引式磁気浮上式鉄道の開発が行われて数人乗りの車両が製作された。
  • ペン軸内にインクを吸入するための機構が内蔵されているものを吸入式と言い、吸引式と呼ばれることもある。
  • そのため、当時、先端の開発が進められていた車上一次式吸引式磁気浮上の技術は不要になり、日本や韓国に技術供与された。
  • 主な内容はトイレの真空吸引式への改造、車内通路のドアの自動化、車内のコーティングの改良などである。
  • 地元の出荷を行なっているみなみ信州農業協同組合等では、近年中に全面的にこの衛生的に優れ歩留まりをよくする吸引式の装置への移行を目指している。
  • 崇城大学工学部宇宙航空システム工学科でも80年代より吸引式磁気浮上鉄道の研究が進められている。
  • 韓国でもドイツのクラウス=マッファイ社から技術供与を受けて吸引式磁気浮上鉄道の研究が大田広域市の韓国機械研究院を中心として進められていて、大田国際博覧会で使用した軌道を利用して営業運転されている。
  • 吸引式二次空気導入装置は、排気管内部の負の排気パルスを利用して排気管に空気を吸い込ませるものである。
  • 同社は更に改良を加え、1965年には吸引式バリカン、1967年には充電式バリカンを開発した。
  • 吸引式は吸引力の働いている間のギャップが減ると浮上力が増す関係にあるため、浮上量を一定に保つために電磁石などで吸引力を制御する必要がある。
  • 汚物処理装置は真空吸引式で臭気対策を図り、トイレ出入口はボタン操作による自動開閉式である。
  • 通気の方式には、圧送式と吸引式がある。
  • 磁気浮上式鉄道における電磁吸引式の基本研究で活躍し、「磁気浮上式鉄道の父」とも評される。
  • なお、トイレの汚物処理は真空吸引式である。
  • 磁気浮上の方式には、吸引式と反発式の二通りがあり、吸引式磁気浮上の軌道は鉄等の磁性体で出来ており浮上用コイルは不要である。
  • 但し、リニモやトランスラピッドのような吸引式磁気浮上の場合には漏れ磁界が少ないので構造物に磁性体を使用しても問題は無い。
  • 吸引式の場合インクの補充の際、インクが本体の埃や固まりかけたインクの塊を押し流す役割を果たす。
  • トランスラピッドから吸引式浮上技術を導入したが、推進方法はトランスラピッドが高速化に適した軌道一次式リニア同期モータを使用しているのに対してHSSTでは浮上、案内、推進を兼用する車上一次式リニア誘導モータを使用している。
  • 次へ »

吸引式 の使われ方