吸引力

292 の用例 (0.00 秒)
  • しかし、だれもが耳を貸さずにいられぬ、ねっとりとした吸引力があった。 三田誠『レンタルマギカ 第02巻 魔法使いVS錬金術師!』より引用
  • どうしても相手の目を引きつけずにはおかないような動的な吸引力があった。 光瀬龍『歌麿さま参る』より引用
  • いつの間にが渦の中から出て、艦が沈むときの吸引力がなくなっている。 吉田満・原勝洋『ドキュメント戦艦大和』より引用
  • ある種の人間にとっては危険こそ最高の吸引力をもつものだ。 石田衣良『骨音 池袋ウエストゲートパーク3』より引用
  • またストローの太さは液体を汲み上げるために必要な吸引力の差を生む。
  • 黄玉トパーズ色の両眠が底知れぬ魔的な吸引力きゅういんりょくで兵士たちのひとみをとらえて離さない。 田中芳樹『アップフェルラント物語』より引用
  • その瞳は表情を欠き、かわりに、磁気的な吸引力を持っているようである。 田中芳樹『創竜伝 第02巻』より引用
  • 強力な吸引力を持ち、吸引したゴミは異空間のゴミ捨て場に直接送られる。
  • その深みをもがきながら進んで行くと、それは激しい吸引力を見せた。 ムーア『暗黒界の妖精―ノースウェスト・スミス』より引用
  • それが僕の生まれて最初に経験した吸引力だった。 村上春樹『国境の南、太陽の西』より引用
  • そのたびに玲は、生まれ育った土地、故郷の持つ吸引力に感動する。 坂東眞砂子『蛇鏡』より引用
  • 最初から、強力な吸引力のある話をしてやらないと、引っかかってこないだろう。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • そのくせ、なぜか眼が離せない、まるで魔術のような吸引力をその本は持っている。 乙一『暗黒童話』より引用
  • しかしかれのまわりにはまだ狂暴な吸引力が残っていた。 ムーア『異次元の女王―ノースウェスト・スミス』より引用
  • このくず屋が抵抗しがたい吸引力を持っているのである。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(2)』より引用
  • 作家や漫画家が多く住んでいるということから舞台になりやすい場所ですが、それだけではない不思議な吸引力がここにはあるようです。 伏見健二/高井信/山本弘『妖魔夜行 魔獣めざめる』より引用
  • 志津夫は彼女のプロポーションに吸引力を感じながらも、理性で抵抗する。 梅原克文『カムナビ(下)』より引用
  • それ以前に、より個人的な吸引力を彼は感じていた。 森博嗣『四季 2 夏』より引用
  • 警戒心が次第に消え、暗黒の穴に輝く焦点の吸引力にしずめられていった。 ムーア『大宇宙の魔女―ノースウェスト・スミス』より引用
  • 葬式はいつでもクランチャー氏には特別の吸引力をもっていた。 ディケンズ/本多顕彰訳『二都物語(上)』より引用
  • 次へ »