吸引される

20 の用例 (0.00 秒)
  • 最初相見た一瞬に、鼎葦之助がその全身を吸引されたのもこの顔だ。 山田風太郎『自選恐怖小説集 跫音』より引用
  • そして、おれとゆきの眼は、彼が胸前で広げてみせた燦然たる掌に吸引された。 菊地秀行『トレジャー・ハンター02 エイリアン魔獣境 I』より引用
  • その彼を殺した疑いの強い真柄に日ましに吸引されていく自分の心は、いったい何と説明したらよいだろうか? 森村誠一『密閉山脈』より引用
  • 向かい合って、ちかぢかと寄せた琥珀こはく色の眼にお京の眼は吸引された。 山田風太郎『忍びの卍(まんじ)』より引用
  • 泡と黒鍬者が相ふれるのは、黒鍬者の方から泡へ吸引されてゆくのだ。 山田風太郎『忍法帖5 くノ一忍法帖』より引用
  • 彼らが愛と錯覚したのは、自分が持っていない性を持っていた相手に一時的に体を吸引されたのにすぎない。 森村誠一『分水嶺』より引用
  • たんに逆流したばかりか、それにひきつづいて彼女自身が吸引された。 山田風太郎『くノ一紅騎兵』より引用
  • だれが、これにひとみを吸引されずにいられるだろう。 山田風太郎『忍法帖5 くノ一忍法帖』より引用
  • 水が流入し、入口が開くと毛状構造に触れた動物プランクトンなどが水と共に吸引される。
  • 精液に充満した彼のからだは、盲目的に立ちあがり、女に吸引された。 山田風太郎『忍びの卍(まんじ)』より引用
  • あれは空中へ吸引されていった原子力研究所だ! 光瀬龍『作戦NACL』より引用
  • それはとにかく先生の芸術なりまたその芸術の父なる先生の人に吸引されてしばしばその門に出入した人々を「お弟子」と名づけることになっているようである。 寺田寅彦『柿の種』より引用
  • いま一声呼んだが、明石はラスプーチンより、彼に手をとられた雪香に眼を吸引されていた。 山田風太郎『ラスプーチンが来た 山田風太郎明治小説全集11』より引用
  • えらぶというより、男は吸引されずにはいられない。 山田風太郎『くノ一紅騎兵』より引用
  • そして、その門太郎の心も、実はミナに吸引されていた。 山田風太郎『明治波濤歌(上) 山田風太郎明治小説全集 9』より引用
  • 田代主水が久保寺民部に異様な親近感をおぼえて近づいたのは、このわけもなく死にたがっている男が死神に吸引されたのであった。 山田風太郎『修羅維新牢』より引用
  • 志津夫の目は、真希の見事なプロポーションに吸引されていた。 梅原克文『カムナビ(上)』より引用
  • 幸田は素直に感嘆の眼で陣吾を包んでいたものの、陣吾の意識は彼らの少し後で茶と菓子を運んできた女性に吸引された。 菊地秀行『幽剣抄』より引用
  • 吹き荒れる風が左手を吹きすぎるとき、突如、吸引されたかのように途切れるのを。 菊地秀行『吸血鬼ハンター11b D-ダーク・ロード2』より引用
  • 加えられる交流電流が作る周囲の回転磁界によって回転子が吸引されて追従し回転する。