吸い込む

全て 動詞
838 の用例 (0.01 秒)
  • 末造はその姿を目に吸い込むように見て、心の内に非常な満足を覚えた。 森鴎外『雁』より引用
  • 死体から出ている物質を、一緒に吸い込んでしまいそうな気がしたのだ。 安部公房『無関係な死』より引用
  • また水を吸い込みやすい地質であるので地下水の供給源ともなっていた。
  • 彼女たちはあとかたもなく、地面に吸い込まれて消えたのかもしれない。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • すると黒い犬の身体に吸い込まれたかのように見えた煙が移動をはじめた。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • のどを鳴らして空気を吸い込む私の目の前には、肌色のものが倒れていた。 北野勇作『人面町四丁目』より引用
  • 代助にはこの光のない土の板が、いくらでも水を吸い込む様に思われた。 夏目漱石『それから』より引用
  • 彼女は彼の腕にもたれて、凍えた世界の平和を夢中になって吸い込んだ。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • おまえは目を閉じて、息を小さく吸い込んで、静かに名前を唇に載せた。 重松清『疾走(下)』より引用
  • 冷たかったが腹が減っていたから喉の奥へ吸い込まれていくようだった。 佐野良二『闇の力』より引用
  • 砂の底へ吸い込まれるようにたちまち消えてしまうばかりなのである。 新井満『尋ね人の時間』より引用
  • どこか呆然ぼうぜんとした様子のそのひとみを、まれるような気分で見つめた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス12 ブラック・アラベスク』より引用
  • 僕は深く煙草の煙を吸い込んで、少しでも気分を落ち着かせようとした。 綾辻行人『どんどん橋、落ちた』より引用
  • 彼は自分の額の体温が女の手の中にどんどん吸い込まれていくのを感じた。 大石圭『飼育する男』より引用
  • 空中に吸い込まれるみたいに、何の痕跡も残さずにいなくなってしまう。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • カップルは速水のからだを避けるようにして店の中に吸い込まれていく。 柴田よしき『好きよ』より引用
  • 戸をしめると真夜中の闇が喉の奥まで呼吸と共に吸い込まれそうだった。 有島武郎『生まれ出づる悩み』より引用
  • 彼女は悲鳴をあげるのをやめ、あえぐように息を吸い込んで震え始めた。 宮部みゆき『クロスファイア上巻』より引用
  • おまえは息を大きく吸い込み、ふたをするように唇を固く結んで歩きだす。 重松清『疾走(上)』より引用
  • 腕が舞いあがり、頭の半分が階段からそれて深い底へ吸い込まれて行く。 半村良『石の血脈』より引用
  • 次へ »