吟子

全て 名詞
1,375 の用例 (0.01 秒)
  • 来るものはこばまず、吟子は彼女等を自由に二階の空部屋へ住まわせた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子は華やかな光を浴び、輝かしい未来だけが約束されていると思えた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 半年前、湯屋の帰り男につけられたことを吟子は忘れず持ち出してくる。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • そう思った時、吟子は背中から胸へ鋭いむちで打たれたような衝撃を受けた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子が外出していない時にはあらかじめ申し出ておくことになっている。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子が志方に体を初めて許したのは熊本での式を終えた翌日であった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • だが吟子が訪れたのは単なる挨拶あいさつと報告だけからの理由ではない。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 部屋に閉じこもったまま一人でいる吟子をさびしがらせないためであった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 猫背ねこぜの、異様に背の高い男で吟子はせいぜいその肩くらいまでしかない。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 帰るか帰らぬかは吟子の意志に任せるという友子の気持に違いなかった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • その瞬間をいま吟子は憎んでいないが、といって忘れたわけでもない。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 街道を右へ曲ったところで吟子はふと利根とねへ行ってみようかと思った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 水をんでいた女に家を尋ねて吟子はようやくすえの家の前に立った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 一瞬吟子は保坪の顔を見返したが、すぐ耐えきれぬように眼をそらした。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 夜、自室に引きこもってから吟子は知らぬうちに志方のことを考えていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 口では断わるようなことを言ったが、吟子は初めから受けるつもりだった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 家庭教師をして吟子のもう一つ困ったことは衣服を着替える場所であった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子の医学への志を初めて聞かされた頼圀は、沈痛な表情で腕を組んだ。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 女子師範さえ卒えたら再び吟子に求婚してみようかと頼圀は考えていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 水平線に消えていく船影を見ながら吟子はそのことを考え続けていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 次へ »