吟子自身

10 の用例 (0.00 秒)
  • このうち森有礼のは特別の事情があり吟子自身のことではなかった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子自身でさえ、いつ山崎の内儀のようにならないとは言えないのだった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • それは吟子自身もうすうす感じているし、自分自身でもいやなことだと思う。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 向う三年間の学費という要求が咄嗟とっさに出て来たのも実は吟子自身がそんな金が欲しいと思っていた矢先であったからである。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 言ったところで男生徒の中へ女子が入り込むのは初めから危険と思われていたことだし、夕暮時にそんなところを歩いた吟子自身にも落度がなかったとはいいきれない。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • しかしこの感覚は吟子の心の奥底でかすかに感じていることで、吟子自身が表立って意識していたわけではない。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • だがこの時もなお更に大きな偶然の運命が、吟子を支配しかけていようとは吟子自身さえ気がついていなかった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 友達の学費の工面はなんとかついたが、当の吟子自身も経済的には逼迫ひっぱくしていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 下手へたに騒いで刑事事件にでもなれば下手人げしゅにんとともに吟子自身の災難も表に出て、人々のうわさの種になる。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 志方への女らしい情感が、吟子をふくよかにやさしくさせているのだとは、使用人はもとより、吟子自身も気付いていなかった。 渡辺淳一『花埋み』より引用