吟子は自分

18 の用例 (0.00 秒)
  • 吟子は自分が男から受ける側の女という性であることを今改めて知った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 「なんとか助けてやって下さい」吟子は自分が医師であることを忘れていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 車夫の声を吟子は自分とはまるで無関係な言葉のように聞いていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 言いながら吟子は自分のことを言っているのに気付いて、口をつぐんだ。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 町を歩いていても、患者に会うと吟子は自分から声をかけた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子は自分が心身とも疲れきっていて、馬鹿ばかげたことを考えるのかもしれないと思った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子は自分を一方的にめたたえる青年の熱っぽい言い方が可笑しかった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子は自分で自分のしたことにあきおののいていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 答えてしまってから吟子は自分でそのことに気付く。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 秋風の吹き始めた札幌の街を歩きながら、吟子は自分が五十をこえた老境に達していることを改めて知った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 海老名は吟子の五つ下だったが、二人で相対すると吟子は自分がはるかに下のような気がした。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 頭を下げながら吟子は自分に言いきかせた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • すべてが薄く暗く消えていく中で吟子は自分が今、川の流れのように見果てぬはてへ、遠く緩くただよっていくのだと思った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子は自分の声をおさえるように言った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子は自分で自分をしかり続けていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子は自分のことのように声を荒げた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子は自分で尿をとり煮沸しゃふつ試験を試みた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 渦の中で吟子は自分に問いかけた。 渡辺淳一『花埋み』より引用