吟子は志方

13 の用例 (0.00 秒)
  • この春か、この夏か、と吟子は志方から言ってくるのを待っていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • もとの話にうなずきながら吟子は志方のことを考えていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子は志方との初めてのことから思い出した。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 身動き一つせず吟子は志方の胸を見ていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吸い込まれるように吟子は志方の腕の中に抱え込まれた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • いつの間にか吟子は志方からの便りを待っていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 歌をんだあと吟子は志方の夢を見た。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • トミと二人でひっそりと暮しながら吟子は志方を思った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 初夜の翌日、吟子は志方の胸の中でつぶやいた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 突然のことに吟子は志方の真意をはかりかねた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子は志方を自分の書斎に入れた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 死後、吟子は志方をイムマヌエルの北の小高い丘陵にほうむった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • それだけに吟子は志方や開拓地の状況は大体分った。 渡辺淳一『花埋み』より引用