吟子は好寿

5 の用例 (0.00 秒)
  • 荻江に話した一カ月後の十月の末、吟子は好寿院の同僚四人を仲間に誘って計画を練った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • なお三日休んだあと吟子は好寿院に出かけた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 女であるための、さまざまな苦汁くじゅうを味わいながら、いつか、吟子は好寿院での生活に慣れ親しんできていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子は好寿院に行く時は男生徒を刺激しないように、ことさらに束髪に素顔で、着物の上には紺のはかまという、ちょっとみると男かと見間違うような服装で通った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子は好寿院をえると同時にあつらえた藤鼠地ふじねずみじ三筋縞みすじじま一張羅いっちょうらを着流し、髪を銀杏髷いちょうまげに結った。 渡辺淳一『花埋み』より引用