吟子はようやく

7 の用例 (0.00 秒)
  • 水をんでいた女に家を尋ねて吟子はようやくすえの家の前に立った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 二度も官邸にむだ足を運んで、三度目に吟子はようやく森有礼に会えた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 明治十五年、好寿院に入学して三年目に吟子はようやく卒業した。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • やむなく吟子はようやく外で遊び始めたトミに紙片を持たせて買いに行かせた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 二日間休んだあと吟子はようやく気を取り直して再び教場に出た。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 荒川を渡り、川口を過ぎて吟子はようやく、自分が今、一人で北海道へ向っているのを知った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • そこで吟子はようやくその男が、表の看板にかかげられている講義所の牧師、海老名弾正だと知った。 渡辺淳一『花埋み』より引用