吟子の顔

6 の用例 (0.00 秒)
  • その眼の中に吟子の顔が映っている。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • すえは怯えたように吟子の顔を探ってからかすかにうなずいた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 荻江はものも言えず、ただ吟子の顔を見ていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • すえは相変らずのろのろと着物を合せ、吟子の顔を伺うように丸椅子に坐った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • だが吟子の顔はそれ以上に蒼かった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子の顔の上で志方が言った。 渡辺淳一『花埋み』より引用