吟子の頭

9 の用例 (0.00 秒)
  • それはいつからいつ、ということなく暇を見ては吟子の頭の中にそっと入りこむ。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 熱と試験のことで吟子の頭は普通でなくなっている。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子の頭から水が引くように怒りが消えていった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • そう思った時、雪崩なだれのように吟子の頭に、十三年前の白く明るい診察室での記憶が甦った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 再び二つの思いが吟子の頭の中でひしめき合う。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 途端に吟子の頭は火のように燃えた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 突然、吟子の頭に啓示のようにひらめくものがあった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 瞬間、吟子の頭にさえようのない怒りがこみあげた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 何気なく起きた疑念が、みるまに吟子の頭の中で輪を作り、拡がり、やがてうずのような大きなうねりとなって返ってくる。 渡辺淳一『花埋み』より引用