吟子の脳裏

7 の用例 (0.00 秒)
  • 続き絵を見るように吟子の脳裏にゆっくりと順天堂医院での一時がよみがえった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 遠い彼方かなたに忘れてきた人の姿が大儀そうに吟子の脳裏によみがえってきた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 長く忘れていた名が再び吟子の脳裏によみがえった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • この堤を川上へ嫁いで行った日、一人でもどって来た日、洪水の日、さまざまな瞬間が吟子の脳裏によみがえった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子の脳裏をさまざまな親戚知己しんせきちきの顔が走り過ぎる。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子の脳裏に順天堂医院の明るい診察室が浮んだ。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子の脳裏にたちまち、赤く爛れ、異様に波打ち、青い膿汁に塞がった粘膜の内側が映し出される。 渡辺淳一『花埋み』より引用