吟子の気持

6 の用例 (0.00 秒)
  • 志方は吟子の気持を引き立てるように瀬棚で新しく借りる家のことを言った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • だが読んだときから吟子の気持は決っていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • どう考えても吟子の気持はおさまらない。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • たとえ相手からの申し出とはいえ、しかるべき理由もない人から無償で家や土地を借りることは律義りちぎな吟子の気持が許さない。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 志方が吟子の気持をうかがうように言った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • お参りして、吟子の気持はいくらかしずまっていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用