吟子の心

9 の用例 (0.00 秒)
  • 意識するとしないにかかわらず、吟子の心の中に自然に動き出すものがある。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • そうする気はないがいざとなれば出来るということが吟子の心をなごませていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吐き捨てたくなるほどの男への嫌悪けんおだけが砂をんだように吟子の心に残った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • そうした関係にまでなら吟子の心は受け入れることができた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • そう思うと吟子の心から張りつめた気持が消えていく。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • しかしこの感覚は吟子の心の奥底でかすかに感じていることで、吟子自身が表立って意識していたわけではない。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 夜火事を見ているのに吟子の心はなごんでいた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 友子はことさらに吟子の心を無視するように言った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 特にすべて人間は神の御子で男女、職業の貴賤きせんにかかわらず皆、平等だとする考えは吟子の心を大きく揺さぶった。 渡辺淳一『花埋み』より引用