吟子の家

8 の用例 (0.00 秒)
  • それまで一カ月余の間、志方は吟子の家に住んでいたが二人は何の関係もなかった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 西黒門町の吟子の家に志方は一旦いったん落ちついたが、一週間もすると再び動き始めた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子の家にあっても旦那さんと呼ばれてはいても、庭の草むしりとか板塀いたべいいたんだ個所を治すといった下男のような仕事しかなかった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 演説会のあと、ローランドは吟子の家で休息しながら言った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • その間志方はずっと吟子の家にいた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 夜更けて大久保夫人は吟子の家へ泊ることになった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 西黒門町に移ってからは吟子の家には絶えず二、三人の女医学生が寄食して勉強のかたわら医院を手伝っていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 中には吟子の名声をきいて地方から上京し、何の紹介もなしに直接吟子の家へとび込み、書生よろしく寄食するという勇ましい女医学生まで現れた。 渡辺淳一『花埋み』より引用