吟子の中

10 の用例 (0.00 秒)
  • 吟子の中である決心が次第に確かなものとなって膨んでいった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • それは吟子の中にある良家の子女としてのつつましやかさのためでもあった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子の中に新しい疑問が現れたのはその時であった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • かつて愛を告白された女の意地が、吟子の中で燃えはじめていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • ようやく安住の地を得て吟子の中に再び婦人啓蒙けいもうの意欲がいてきたのである。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 大海の中を一人で漂うようなわびしさが、音もなく吟子の中に忍び込んできた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 頭ではそう思いながら、吟子の中でそれをさえる気持があった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 少年と母親が寄り添ったのを見た瞬間、吟子の中に、もう一人の吟子が現れたようであった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 思いながら吟子の中で母の姿が薄れ、志方の顔が消えた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子の中に二つの吟子が揺れている。 渡辺淳一『花埋み』より引用