吟子

全て 名詞
1,375 の用例 (0.02 秒)
  • 吟子は自分が男から受ける側の女という性であることを今改めて知った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • その金も、もとはといえば吟子が東京からもってきた金の残りであった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 一人十分以内という時間が吟子には一時間にも及ぶ長い時間に思われた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子は考えたが再び願い出たところで結果が同じことは目に見えている。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • そのことを聞いたからといって今の吟子の立場が動揺するわけもなかった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • そう言うと男はそれをさらに目を閉じている吟子の前で振って見せた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 今の吟子には、母に見てもらえないことだけがただ一つの悲しみであった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 戸惑いと不安とは別に自分にも分らぬ大きな力が吟子を引きずっていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 経済的に落ちつくのを見計らったように吟子に新しい不安が訪れてきた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子は髪に手を当て軽くしつけてから開いたままの縁から外を見た。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 三十三歳という女の年齢が着実に吟子の記憶力と体力を衰えさせていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吟子の胸には再び医師免許を得た時のような若やいだ希望が溢れていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 土地の自分と吟子に共通している話題を言っているに過ぎなかった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • なにかが動いたと思った瞬間、吟子の眼前に異様な一物がつき出された。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 二月の末、志方は教会から戻ってくるとすぐ吟子を二階の部屋に呼んだ。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • トミがなんと頼もうと吟子はそう言って戸を閉めかぎをかけて出ていった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 衛士に囲まれた内務省の正面玄関の前に立っただけで吟子は足がすくんだ。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 志方が一年延ばしに吟子を呼ぶ時期を延ばしていたのも無理はなかった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 翌日から吟子は、前の良い席をとるために朝の六時に本所ほんじょの家を出た。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 頼圀がどう思っていようと吟子には頼圀と結婚する気など毛ほどもない。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 次へ »