君子豹変

11 の例文 (0.00 秒)
  • キリスト精神と君子豹変のわけでも、どんと一発言ってやればよかったんだ。 ...
  • 自由と束縛、君子豹変くんしひょうへんということにもなるんだ。 ...
  • 控室にいらっしゃった中年の男性が、「私は、君子豹変というのは悪口だと思っていました」と言っていた。 ...
  • かくのごとき論をなして、自らは悲壮の言を発せしごとく思うならば、人間に節義なるもの存在せず、君子豹変は古今一の大道徳というべきなり。 ...
  • のべつやたらと君子豹変して、じりじりと寄ってこられたりしたら、かえって煩わしくなるかもしれない。 ...
  • 「君子豹変」とは「君子は過ちだと知れば、すぐに改め、善に移る」という意味です。 ...
  • 時の人はこれを笑ったが、桃豹は「汝らのごとき小人には、君子豹変の意は分からんだろうな」と罵った。 ...
  • 紳士の仮面をかなぐりすてて、突如、本能のままに、猛然と襲いかかるという、これぞまさしく君子豹変であるが、ほんとうに、それはあることであろうか? ...
  • 内村はこの愛山の公開状に対して『正教新報』において、『獨立評論』第1号の書評を試みつつこの論文に言及し、愛山を徳富蘇峰とともに「君子豹変の実例」ときめつけた。 ...
  • 三 人 君子豹変! ...