君主国家

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • なお、国王の権限縮小は第3代国王の時代から徐々に実施されてきており、形式上は絶対君主国家ではなくなった。 ...
  • かれの哲学思想は、全体としてドイツの市民革命の前夜の動向を反映しながら、他方で現実の君主国家に妥協する面も写しだしていた。 ...
  • しかし比較的自由主義的な政府があり、不十分とはいえ一定の改革を行ったイギリスでは絶対主義的な君主国家ばかりの大陸ほど革命は燃え広がらず、やがてチャーティズム運動も下火になっていった。 ...
  • 幕府と朝廷の両立体制は近代国家としての日本を創成していくには不都合であったが故の倒幕運動であり、天皇を中心とする強力な君主国家を築いていきたい明治新政府の意向とも一致したため、万世一系の天皇を祭政の両面で頂点とする思想が形成されていった。 ...
  • ヨーロッパにおける囚人の利用は、フランスなどの君主国家でガレー船が量産された17世紀頃に顕著である。 ...
  • その後、国民投票により君主国家を設立、議会は満場一致でカール王子をノルウェー王として選出した。 ...
  • おおよその君主国家では、まず国家元首である皇帝ないし国王の家系が皇族や王族と呼ばれた。 ...
  • セルビア王国は、ヨーロッパのほとんどの旧君主国家と同様に、かつてその支配者であった国王によって着用され、セルビア、のちにユーゴスラヴィア王国の王権を象徴したレガリアを所有していた。 ...
  • また中国王朝のように儒教思想に基づく君主崇拝は、宗法とされキリスト教君主国家の国王は、王権神授説とされた。 ...
  • しかし、共和主義者と結びついていた1848年革命の軍勢への支援は君主国家にとってデメリットが大きく、周辺国の反応は及び腰であった。 ...
  • そうした近世国家は、「複合性君主国家」または「コングロマリット国家」であったとも言われている。 ...
  • そして、国家は君主が主権を有する「君主国家」から国家自身が主権を有する「公民国家」へと進化するとして、明治維新を日本における「君主国家」から「公民国家」への一種の「革命」であると論じた。 ...
  • バルト連合公国はヴィルヘルム2世に1918年9月22日に君主国家として名ばかり記録され、クールラント・ゼムガレン公国はこの国に吸収された。 ...
  • 単一国家オーストリア帝国は、二重君主国家オーストリア=ハンガリー帝国に生まれ変わった。 ...
  • thumb|left|150px|スウェーデン王カール12世|カール12世 「兵隊王」と呼ばれ軍事的天才と評されることになるスウェーデン王カール12世は1697年に14歳で父カール11世からスウェーデン王位を継承、絶対君主国家としてバルト帝国を引き継いだ。 ...