向けの臨時列車

15 の用例 (0.00 秒)
  • 一方で、夏祭り向けの臨時列車は2011年より運行されていない。
  • このため、団体専用列車・個人利用者向けの臨時列車のいずれにも使用可能な仕様とすることになった。
  • 月曜の早朝には単身赴任者向けの臨時列車が運転されることがある。
  • ユジノサハリンスクとの間に日本時代に建設された鉄道があるが、現在は貨物列車と観光客向けの臨時列車だけで、定期旅客列車の運行は廃止された。
  • それまでのジョイフルトレインでは、主に団体専用列車に使用することを前提していたが、本車両では個人利用者向けの臨時列車としての運用も多く設定することになった。
  • おもに土曜日・休日に運転される行楽向けの臨時列車は、日本国有鉄道時代から各地で運行されていた。
  • また、広島駅 - 三井野原駅間でもジョイフルトレインを使用したスキー客向けの臨時列車を芸備線経由で走らせていた時期もあった。
  • そのため、現状では、りんかい線とJR京葉線の直通運転は運賃の回収が確実な団体客向けの臨時列車のみとなっている。
  • なお、冬季には、首都圏方面などからスキー客向けの臨時列車シュプール号が戸狩野沢温泉駅まで運行されていたが、1995年3月の運転を最後に信越本線黒姫駅からのバス連絡だけになっていた。
  • 阪神線は今まで桜川駅以西には乗り入れていなかったが、2014年3月22日からは団体客向けの臨時列車として神戸三宮駅まで乗り入れが開始された。
  • 定期の特急列車とは別に海水浴客向けの臨時列車として「かもめ」の名称が使用されたことがあり、1934年夏季に東京鉄道局が発行したパンフレットには他の列車と一緒に藤沢駅行に「かもめ」と記載されているほか、1964年から1967年までは房総西線臨時快速列車に起用されたことがある。
  • その他、主にひらかたパーク利用客向けの臨時列車として、京都駅 - 枚方公園駅間急行「ひらかた号」などが運行された。
  • その際、ランタンフェスティバル向けの臨時列車は「ランタンかもめ」の列車名で運行される。
  • 周辺の海岸は砂浜ではなく、石ころが転がるだけの浜だが、かつて張碓海水浴場となっていて、古くは札幌~張碓間を往復する海水浴客向けの臨時列車も運転されていた。
  • 東京ディズニーリゾート玄関口の京葉線舞浜駅への短絡ルートとして、時折JR東日本中央線や東海道線などからりんかい線を通り、京葉線へ直通する団体客向けの臨時列車が運転される。

向けの臨時列車 の使われ方