向けなおさ

30 の例文 (0.02 秒)
  • 現実に眼を向けなおすことによって彼女を無視することもできただろう。 ...
  • 一度聞耳を立てるために天井てんじょうに向けた顔をまた障子の方に向けなおした。 ...
  • ラインハルトは視線をはるかなところから目前の少年に向けなおした。
  • 振り返ってそこになにが見えるか、前方に視線を向けなおして、そこになにがあるのか。 ...
  • チャーリーはカメラを母親に向けなおしてから、犬たちの世話にでかけていった。 ...
  • しかし、たけりたつ馬でなければ首を向けなおすことはできない。 ...
  • 彼女の夫は、妻のほうへ半ば身体を向けなおした。 ...
  • 彼は、片手で金の入った紙袋を持ち、もう一方の手で、背後の八人に銃口を向けなおした。 ...
  • 四人は、ふたたび体を向けなおして、斜面をよじのぼっていった。 ...
  • しかし彼は二人の会話をどうしたら個人的な方向に向けなおし、やがては彼女にそうした振舞いをしてもおかしくないように話を持っていけるか少しもわからなかった。 ...
  • なにかまずかっただろうか、と思う前に、顔を空に向けなおしたフランが、言っていた。 ...
  • そしてすぐに左へ顔を向けなおした。 ...
  • 二人が魅音みおんに向けていた銃口を俺に向けなおすその時間に俺はすでに、いや、魅音みおんに向けて駆けていた時からこいつらだけを照準し続けていた!! ...
  • 乗船場ビルの外へ出たところで、彼は針路をまっすぐ前方へ向けなおし、スロットルを前へ倒した。 ...
  • ラカトシュは、人はいつでも批判を別の理論または理論の一部に向けなおすことで大事な理論または理論の一部を敵対的な証拠から防護することが可能であるというピエール・デュエムの考えに従っている。 ...
  • たけりたった馬の首を向けなおす馭者ぎょしゃのようなものだ。 ...
  • 貞盛は色を失って、引きかえし、また進路を北東に向けなおした。 ...
  • 成長は精神が親元から離れることとエディプス・コンプレックスの解決、つまり性的関心を社会的に適切な対象へ向けなおすことを含む。 ...
  • で、啓之助は、すっかり不安を一掃したらしく、岩の上へ腰を下ろして、三位卿へ話を向けなおした。
  • オラステスはそこで、漆黒の玉座に坐る人物へ注意を向けなおした。 ...
  • そしてそのまま顔をみなのいるほうへ向けなおしたが、そのときはもう動作もにぶく、口もとのだらしない老いぼれと早がわりしていたのである。 ...
  • そのとき、目を青江の方に向けなおした小浜兵曹長は、あっとさけびました。 ...
  • 不愉快な気持ちのさなかに、彼は顔を向けなおして、かたわらにいるフロレンスを見た。 ...
  • オルガの知人で、彼女のほうに歩みよろうとしたが、Kはしがみついていた腕でオルガの身体を別な方向へ向けなおしてしまった。 ...
  • 次にからだを起こして操舵天体儀そうだてんたいぎにおおいかぶさり、コースを本部に向けなおそうとしたが、完全には成功しなかった。 ...
  • 「いってみよう」 「ああ、そうしろ」 ソウレは立っている管制官に顔を向けなおした。
  • これはつまり、自分のそばへ他のものが近づいて来ると、ごくわずかであるが、二つのものの間に引力がはたらいて来る、すると、装置はその引力の方向を感じ、自動的に舵を安全な方角に向けなおすのであった。 ...
  • さて、と比室叡久はレバーを操って、車椅子を被災地へ向けなおした。 ...