向けて走り出す

20 の用例 (0.00 秒)
  • 他人がそれを子供の夢だと笑っても、 私はその目標に向けて走り出している。 きゃんでぃそふと『つよきすACT D』より引用
  • 美奈子と両親を乗せたタクシーが、式場のホテルPへ向けて走り出した。 赤川次郎『マリオネットの罠』より引用
  • 気がついたときには携帯片手に店内を出口に向けて走り出していた。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • すっかり暗くなった十六号バイパスを東野は横浜に向けて走り出す。 篠田節子『ハルモニア』より引用
  • セ・ネドラはしばらくじっとかれの姿を見つめていたが、突然背を向けて走り出した。 エディングス『ベルガリアード物語4 魔術師の城塞』より引用
  • 彼らは、自分達の車にエルメスとキノを乗せて、ホテルに向けて走り出した。 時雨沢恵一『キノの旅 第03巻』より引用
  • 決まった時には、もう、ふたりに背を向けて走り出していた。 夢枕獏『風果つる街』より引用
  • そこで日本車メーカーは一斉に国際化に向けて走り出した。 佐藤正明『トヨタ・GM 巨人たちの握手』より引用
  • 僕はすべてに背を向けて走り出す以外なかった。 川又千秋『邪火神』より引用
  • そして目に涙をいっぱいうかべぐるりと背を向けて走り出した。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04a ハリー・ポッターと炎のゴブレット(上)』より引用
  • 最後に目を閉じて呟くと、少女は背を向けて走り出した。 伊達将範『DADDYFACE 世界樹の舟』より引用
  • ニーナのおさえた声に全員がうなずき、生徒会棟に向けて走り出した。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス07 ホワイト・オペラ』より引用
  • それからあちこちを見回すと、やがて一点に向けて走り出した。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第11巻』より引用
  • ののみはもう一度、にこっと笑いかけると背を向けて走り出した。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 11 5121小隊の日常II』より引用
  • そんな悩みを共有していることに少し照れながら、旅館に向けて走り出す。 入間人間『電波女と青春男 第05巻』より引用
  • やがてサトさんは、尾行してくる車両がないと判断すると、郊外へ向けて走り出した。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 04 暇つぶし編』より引用
  • 打球が前方に飛んだ場合、バッターを含め攻撃側の全員が前方の塁へ向けて走り出す。
  • 特に一塁に向けて走り出すのと同時にバントするのをドラッグバント と呼ぶ。
  • 車はまもなく、全然違う方向へ向けて走り出した。 内田春菊『あたしが海に還るまで』より引用
  • ラッドは舌打ちすると、そのまま赤い怪物の方へ向けて走り出した。 成田良悟『baccano! 1931 特急編 The Grand Punk Railroad』より引用

向けて走り出す の使われ方