向けて旅立つ

22 の用例 (0.00 秒)
  • 十日以内に僕はパリに向けて旅立つが、よくそのことを承知しています。 モーツァルト/服部龍太郎訳『モーツァルトの手紙』より引用
  • 三人はそこで、いよいよ日本に向けて旅立つことを知らされたのである。 三浦綾子『海嶺(中)』より引用
  • 研修期間を終えて数日後、ツァップはフランクフルトに向けて旅立った。
  • 滞在は6月8日からで、7月8日にチームは決勝戦に向けて旅立った。
  • 陽子が蓬山へ向けて旅立って間もなく、国府へ陽子を訪ねてきた者があったという。 小野不由美『十二国記 09 黄昏の岸 暁の天』より引用
  • 龍山と吉田兼見が江戸に入った時、家康はすでに会津に向けて旅立った後であった。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • ドワーフの細工師さいくしギムが南に向けて旅立ったのは、それから数時間の後だった。 水野良『ロードス島戦記 1 灰色の魔女』より引用
  • 主観的に十日ほどの旅行をした後、また二、三日で同じ場所に向けて旅立つようなことをするほうが不思議だったのです。 小林泰三『海を見る人』より引用
  • それでベートーヴェンは、その年の晩秋にウィーンに向けて旅立つのです。 柴田南雄『クラシック名曲案内ベスト151』より引用
  • アレグレットたちはそれを承諾し、フォルテに向けて旅立つのだった。
  • その後、兄がサイド3へ向けて旅立ったと同時に、自らはサイド7へ移住していった。
  • オーラヴは他所で運を試した方が良いと思い、バルト海に向けて旅立った。
  • 三日目の朝には旅仕度も整い、いよいよ松之助は深谷へ向けて旅立つことになった。 半村良『セルーナの女神』より引用
  • そして、子供たちを含め、親戚一同に別れを告げた2人は、新たな人生に向けて旅立つ。
  • この年の秋、海軍短現二期の技術官だった商工省工技院の技官が、米国に向けて旅立った。 中川靖造『海軍技術研究所』より引用
  • こうして渡米の目的を果たした盛田は、次なる視察地であるヨーロッパに向けて旅立った。 中川靖造『創造の人生 井深大』より引用
  • そういえば花夜叉が当夜、東国へ向けて旅立つことを承知していたのは竹麻呂である。 杉本苑子『胸に棲む鬼』より引用
  • そして今日、ぼくが運んで宛名を書いた主婦の友が、京都へ向けて旅立っていったと告げよう。 原田宗典『はたらく青年』より引用
  • すでにラトクはバヌワの町へ向けて旅立った後であった。
  • 勝太郎は西へ向けて旅立ったのかと思い、るいはさりげなく大川の下流の空へ目をやった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 31 江戸の精霊流し』より引用
  • 次へ »