吐息混じり

29 の用例 (0.00 秒)
  • お文は吐息混じりに呟いて有本の膳から盃を取り上げ、男の手に持たせた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 黒く塗れ』より引用
  • また、多くの人から歌う時に吐息混じりが特徴、声が癒し系と言われている。
  • こうしてまたたばこを吸いはじめるのかと吐息混じりに思った。 奥田英朗『邪魔』より引用
  • ミヒロが出ていったドアを見つめ、ハサンは吐息混じりに言う。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 05 ラプラスの亡霊』より引用
  • お文は、しばらくしてから吐息混じりに言った。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 さらば深川』より引用
  • 留蔵は首を落として吐息混じりの声で言った。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • 京橋の自身番に戻って来てから不破は吐息混じりに言った。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 さんだらぼっち』より引用
  • 切れ切れの吐息混じりに、ボイスは淫色に濡れた瞳を細めて笑った。 嬉野秋彦『メフィストの魔弾』より引用
  • 読みかけの書物を指差すと、吐息混といきまじりにだが滔々とうとうと語り出す。 桜庭一樹『GOSICK 第3巻』より引用
  • 伊三次は茶をぐびりと飲み下すと吐息混じりに言った。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 さらば深川』より引用
  • 朝太郎は吐息混じりに呟いて煙管の灰を落とした。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 黒く塗れ』より引用
  • しかし口からは、あ、あ、あ、といった吐息混じりの声が、断続的にもれただけだった。 小川勝己『葬列』より引用
  • 伊三次は吐息混じりに言った。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 君を乗せる舟』より引用
  • 吐息混じりにそう呟いて、ゆっくりと頷いた。 綾辻行人『鳴風荘事件 ―殺人方程式Ⅱ―』より引用
  • ユウキが吐息混じりに囁くあいだにも、小島の上空にまで達した剣士たちは、次々と滝のような音を立てて降下してきた。 九里史生『SAO Web 外伝04 絶剣』より引用
  • 「まったく、できすぎているよ」と吐息混じりに吐き捨て、アルベルトは机に両肘をついた。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 07 黒いユニコーン』より引用
  • と問いかける間に、「いいわ」と吐息混じりに呟いたオードリーが心持ち体を離していた。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 03 赤い彗星』より引用
  • 今度こそ詩乃は大いに驚き呆れ、吐息混じりに言った。 九里史生『SAO Web 0401 第一章~第三章』より引用
  • その静寂を破って、ローナンが吐息混じりに口を開く。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 05 ラプラスの亡霊』より引用
  • 吐息混じりの咲輝の答を聞いて、伊央は受話器を置いた。 藤村裕香『ヴァニラな花嫁くん』より引用
  • 次へ »