吐息を零し

8 の用例 (0.00 秒)
  • 不意に間近で聞こえた大らかな大きな声に、延麒と楽俊はそっと吐息を零した。 同人『十二国記』より引用
  • 凛は両手を擦りながら湯飲みに手をかけ、一口啜ったあと盛大に吐息を零した。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • つまらなそうに吐息を零した黄金の男は、突進してくるバーサーカーには目もくれず、志貴を見ていた。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • ほう、と吐息を零して、志貴の体をぴしゃりと叩く。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • 紅塵は豆をきつく抱き締め、熱っぽい吐息を零した。 玉木ゆら『月にむらくも、恋嵐』より引用
  • 睡蘭は感嘆の吐息を零した。 玉木ゆら『月にむらくも、恋嵐』より引用
  • 嗚呼と、志貴は吐息を零した。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • 小さく、優しい吐息といきこぼして微笑む。 入間人間『電波女と青春男 第02巻』より引用