吐息が漏れる

13 の用例 (0.00 秒)
  • 抱き合いながらフォロンは安堵と喜悦の吐息が漏れるのを自覚していた。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 04 ストラグル・クリムゾン』より引用
  • インデックスは何かを言おうとしたが、結局何を需って良いか分からず吐息が漏れるだけだった。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第07巻』より引用
  • 静まり返った老人たちからは、吐息が漏れる音すら聞こえない。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 05 目明し編』より引用
  • ベンチの隣に座る同級生、星中ほしなかが明らかにその場の思いつきで口にしたその言葉に、苦笑と白い吐息といきれる。 入間人間『電波女と青春男 第04巻』より引用
  • ヘルメットを申し訳程度に被って、目の下と口の横を赤くしている前川さんから、白い吐息といきれる。 入間人間『電波女と青春男 第07巻』より引用
  • 絡めた舌の間から、 るいの切なげな吐息が漏れる。 暁works『るいは智を呼ぶ① 皆元るい』より引用
  • 思わず口から疲労ひろう吐息といきれる。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第05巻』より引用
  • しぼられたような吐息といきれる。 秋田禎信『エンジェル・ハウリング 第02巻 「戦慄の門 from the aspect of FURIU」』より引用
  • 思わず安堵の吐息が漏れる。 中野順一『セカンド・サイト』より引用
  • 自然に、吐息が漏れる。 貴志祐介『青の炎』より引用
  • 深い吐息が漏れる。 楡周平『フェイク』より引用
  • 安堵で吐息が漏れる。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • 吐息がれる。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用