名高

全て 名詞 形容詞
53 の用例 (0.00 秒)
  • 具足町で名高けえものは清正公せいしょうこうさまと和泉屋だと云うくれえに、江戸中にも知れ渡っている御大家だが、失礼ながら随分不取締だとみえますね。 岡本綺堂『勘平の死』より引用
  • 何でも襖障子ふすましやうじ一面に葦とかりとをき、所々にかり羽叩はばたきして水を飛揚とびあがつてゐるのをあしらつた上、天井にはかりの飛ぶのを下から見上げた姿に、かりの腹と翼の裏をいてつたといふので名高かつた。 薄田泣菫『茶話』より引用
  • 名高にとって、「頭からお尻まで電気が走るような衝撃を感じた」という程の一目惚れであり、「先祖がこの人を逃したらあかん、と教えてくれたような気がする」と発言し、爆笑を呼んだ。
  • 名高が自身のスキャンダルを理由に降板したため、急遽、路線変更され、次作『GOGO』に移行した。
  • 具足町で名高けえものは、清正公せいしょうこう様と和泉屋だという位に、江戸中に知れ渡っている御大家ごたいけだが、失礼ながら随分不取締りだと見えますね。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 香薬師・奈良時代前期とおぼしき形式を、その製作の細部に有する小像にて、傑作の名高かりしを、昭和十八年第三回目の盗難にかかりたるままにて、つひに再び世にで来らず。 会津八一『自註鹿鳴集』より引用
  • 野ざらし組といえば、江戸で名高いきちがい犬ども。 山田風太郎『忍法帖4 忍法八犬伝』より引用
  • 以上のように名高商では、のちに赤松が「総合大学として偉容を有する」と称賛したほどの、旧制専門学校のレベルを超えた高度な研究が行われていたが、「専門学校は大学と対等の最高学府」とする理念を堅持していた渡邊校長が大学昇格に消極的であったため、大学昇格運動が表面化することはなかった。
  • 昔時にありては、リスボン市街は世界中に壮美をもってその名高かりしが、今これを見るに、欧州首府中の最下等に落ち去る。 井上円了『南半球五万哩』より引用
  • あからさまな恫喝をされてなお積極的な攻撃行動は行えないという不利な状態ながらも、梶谷と名高は巧みにサポートし合ってSu-27と偵察機を追い払う事に成功する。
  • 生徒組織も戦時体制に即したものに再編され、1940年には学友会が解散し、代わって「報国団」が発足、さらに1941年8月には「学校報国隊」が発足し名高商は完全に戦時体制に取り込まれることになった。
  • 現在は名古屋市立大学川澄キャンパスとして同大学の医学部・附属病院が置かれ、名高商・名経専を記念する「其湛の塔」が残されている。
  • 西で船尾、北で黒江・岡田、東で井田、南で名高・築地・藤白に接し、区域内に馬場町一 - 三丁目・山崎町一 - 三丁目が所在する。
  • アラート任務に就いていた梶谷と名高は侵犯機の飛行する空域へ急行、編隊長の名高が警告を行うがその直後に現れたSu-27が名高の機体をロックオンする。
  • 地元では「名高」の愛称で親しまれている。
  • 渡邊は名高商の存続期間の大半を占める24年間にわたって校長を務めたため、名高商のカラーや理念は彼によってかたちづくられることとなった。
  • 主演の九門太平には「ハングマン」シリーズ参加直前で、人気が上がり調子だった名高達郎、相手役の浜尾衿には志穂美悦子を起用するが、当時の二人が得意とするアクション・シーンは皆無のドラマで、あくまでも心の機微あふれる演技で見せていく。
  • しかし一方で理系学部主体の名古屋大学が文系学部を完備した新制総合大学への移行をめざし、名高商を統合して経済学部の母体とする構想を進めていたため、最終的に名経専は新制名古屋大学への参加をめざす途を選択した。
  • 梶谷はフォックス、名高はベアーに分かれた事で二人の凌ぎ合いは熾烈さを増すが、名高へのライバル心に逸った梶谷はあわや互いの僚機までも巻き込んだ空中正面衝突という危険な飛行で名高の怒りを買った上に、編隊を組んでいた中川からウイングマンを降りるといわれてしまう。
  • 村田役に名高達郎、夫人役に星野知子という配役で、稲尾和久や落合博満も本人役で出演している。
  • 次へ »